NTT スマートコネクトは、省エネを追求した都市型データセンター「ミスト併用直接外気空冷システム」(仮称)の運用トライアルを、大阪市内のデータセンタービルで開始した。同システム構築工事の設計監理は NTT ファシリティーズが、システム実証実験は NTT スマートコネクトと NTT ファシリティーズが共同で行う。

NTT スマートコネクト、都市型データセンター「ミスト併用直接外気空冷システム(仮称)」の実証実験について
都市型データセンター「ミスト併用直接外気空冷システム(仮称)」

同システムは「空冷ヒートポンプパッケージによる従来からの空調機冷却システム」に、「直接外気冷房システム」と「ミスト噴霧による蒸発冷却システム」を組み合わせたシステム。

外気を使用しない冷房に比べ37%、ミスト噴霧を併用することで8%、合計45%の空調消費電力の削減を見込んでいる。また、ミスト噴霧により排熱温度を低下させるので、ヒートアイランド現象の抑制を期待できる。さらに外気の異常高温時は、ミスト噴霧で空調機の能力低下および停止を回避し、災害・異常気象などで外気冷房ができなくなった場合でも、空調循環運転により一定の室内温度が維持できるという。

「ミスト併用直接外気空冷システム」は、NTT スマートコネクトの設備による検証の後、商用ルームの開設をする予定。