南山大学、日本 IBM、富士通、NEC、NTT データ、日立製作所、野村総合研究所の6社1大学で構成する「次世代プロジェクト管理データ交換アーキテクチャ協議会」(PROMCODE: PROject Management for COntracted DElivery)は、成果の第一弾として、プロジェクト管理データを組織間で交換する 「PROMCODE インターフェイス仕様書」本協議会の Web ページで公開した。

あわせて、この仕様書に基づき実プロジェクトへの適用を支援する「PROMCODE 適用マニュアル」、「PROMCODE アダプターソフトウエア」と、それを適用した「PROMCODE 実証実験報告書」も公開する。

これらの成果によって、ユーザーとベンダー間でプロジェクト管理データを、標準インターフェイスを介して一元管理できるようになり、プロジェクトの開発遅延やコスト超過などのリスクを低減できるとのこと。

日本 IBM、富士通、日立、NEC など「次世代プロジェクト管理データ交換アーキテクチャ協議会」の成果を公開
PROMCODE インターフェイス仕様書を介したプロジェクト管理データの一元管理

この協議会は、ユーザーと複数ベンダーが参画する大規模なシステムインテグレーションやソフトウェア開発プロジェクトでの、タイムリーで効率的な進捗管理や品質管理の実現を目的に、組織やプラットフォームに依存せずにプロジェクト管理データを交換できるインターフェイスの標準規約を開発してきた。

「PROMCODE インターフェイス仕様書」は、実際の開発プロジェクトで使用している管理データをもとに策定され、実証実験を通して有効性が確認されている。

今後、協議会では、実プロジェクトへの適用を推進、大規模な SI やソフトウエア開発に参画するユーザーとベンダーの関係が柔軟でかつ独立性の高いものとなることを目指す。

また、オフショア開発の進展などで、グローバルレベルでの複数組織による分散開発は世界共通の課題であることから、この協議会の成果を国際規格として標準化することを目指し、OASIS に技術委員会(Technical Committee)の設立を準備している。