日本 HP は、企業の情報管理ソリューション「HP Autonomy IM ソリューション」のポートフォリオを拡充、インフォメーション ガバナンス(情報統治)支援ソフトウェア新製品を発表した。

発表したのは、日本市場に初投入する「HP Records Manager 8」と「HP ControlPoint 4.1」、それに機能強化した「HP Application Information Optimizer 7.1」と「HP Data Protector 8」の4製品。構造化/非構造化データを含む膨大な企業内データの保護/ライフサイクル管理/活用を包括的に支援する。

HP Records Manager 8 はドキュメント/記録管理ソフトウェア。各種ドキュメント/記録の生成から廃棄まで、セキュリティレベルやポリシー情報に応じて管理/実行し、各種の規制要求に対するコンプライアンスを実現する。

HP ControlPoint 4.1 はデータ管理ソフトウェア。企業内に蓄積された各種情報資産のアクセス/分類/廃棄などのビジネスプロセスを管理する。電子メールやドキュメントファイルなど、様々なデータのライフサイクル管理やコンプライアンス対応を行う。

HP Application Information Optimizer 7.1 はデータベースアーカイブソフトウェア。データベース内の構造化データを管理し、非アクティブなデータを移行したり、引退させたりする。最新バージョンでは「アプリケーション引退」機能を強化、HP Records Manager 8 とも連携する。

HP Data Protector 8 はデータ保護ソフトウェア。物理/仮想混在環境におけるデータのバックアップ、リカバリを行う。最新バージョンでは、さらに大量のデータを保護できるよう、拡張性とパフォーマンスを大幅に強化した。