日本 HP が個人向け PC 新製品を発表、販売を開始した。

ノート PC 新製品は、画面に触れずに手と指の動きで操作できる 3D モーションコントロールデバイス「Leap Motion」を内蔵した世界初の PC「HP ENVY17 Leap Motion SE」、QHD+(3,200×1,800)の高解像度14インチディスプレイを搭載したタッチ対応スリムノート PC「HP ENVY14 TouchSmart Sleekbook」の2シリーズ。

日本 HP、Windows 8.1 搭載「Leap Motion」コントローラ内蔵ノート PC など新製品を発表
HP ENVY17 Leap Motion SE」

また、デスクトップ PC 新製品として、最新世代の Intel Extreme Edition プロセッサやグラフィックスなどを搭載したハイエンドデスクトップ「HP ENVY Phoenix 810」1シリーズも発表した。

ENVY17 Leap Motion SE は、東京生産フルカスタマイズの17.3インチノートPC。

直感的な画面タッチ操作、タッチジェスチャー対応のクリックパッドに加え、画面に触れずに手や指の動きで操作ができる Leap Motion コントローラを標準で搭載したハイエンドモデル。

Leap Motion は、デスクトップやゲームやエンターテインメント、クリエイティブなどのアプリケーションを、かざした手と指の動きで直感的に操作できるデバイス。ENVY17 Leap Motion SE は、この Leap Motion コントローラを内蔵した世界初の PC となった。Leap Motion で操作できるアプリケーションは、アプリストア「Airspace Store」で提供される。
 
搭載 OS には Windows 8.1を採用したほか、第4世代 Intel Core i7 と NVIDIA GeForce GT 750M グラフィックス、SSD アシスト HDD、Beats Audio 対応4スピーカー+サブウーファー、ブルーレイディスクを搭載する。

価格は13万9,860円(税込)から。

ENVY Phoenix 810 シリーズは、ゲーム向けのハイスペック デスクトップ PC。

ENVY Phoenix 810-190jp/CT は、第3世代 Intel Extreme Edition(Core i7-4960X/4930K/4820K)と NVIDIA 最新グラフィックス(GeForce GTX 760/GTX 770)を採用し、水冷 CPU クーラーを標準搭載するフラッグシップモデル。

Core i7-4770/4770K 搭載モデル 180jp/CT は、対応グラフィックスに NVIDIA GeForce GTX 760/GTX 770を加え、よりパワフルになった。
 
両モデルとも、フロントとサイドに赤のイルミネーションが光る新デザイン。無線 LAN 機能は最新規格 IEEE802.11ac (Draft) に対応。プリインストール OS は Windows 8.1。

価格は各15万9,810円/14万9,940円(税込)から。