NTT ドコモは、Android スマートフォン「Disney mobile on docomo N-03E」(NEC カシオモバイルコミュニケーションズ製)について、アップデート用ソフトウェアの提供を開始した。このアップデートは、9月30日リリースの、OS を Android 4.1(開発コード名「Jelly Bean」)へ更新するファイルの適用で生じた問題を解消するためのもの。また、一時中断していた Android 4.1 更新用ファイルの提供は、10月23日午前10時に再開する予定。

ドコモ、「Disney Mobile on docomo N-03E」の ATOK 問題に対策、Android 4.1 提供再開は10月23日
Disney mobile on docomo N-03E
(c) Disney
(出典:NTT ドコモ)

NTT ドコモは、当初9月30日に Disney Mobile on docomo N-03E 用 Android 4.1 の提供を開始したが、このアップデートを適用すると IME ソフトウェア「ATOK」で日本語文字入力が行えなくなる問題が生じてしまった。そこで、同社は同アップデートの提供を中断した。

今回提供を開始したアップデートは、この ATOK の問題を修正するもの。対象は、OS アップデートを実施した端末。

アップデート用ソフトウェアは FOMA/Xi/無線 LAN(Wi-Fi)経由で自動的にダウンロードされ、設定済みの時間帯にアップデートが実行される。初期設定状態だと、時間帯は午前2時から午前5時となっている。待受中にメニューから手動アップデートすることも可能。アップデートには約4分かかる。一度アップデートすると元のバージョンには戻せない。アップデートを実行すると、ビルド番号は「A7202201」になる。