NTT ドコモ東京大学と、10月から、大規模公開オンライン講座(MOOC:Massive Open Online Course)などを活用した反転学習に関する共同研究を開始する。

反転学習とは、説明型の講義をオンライン教材化して自宅などで予習、教室では説明型の講義ではなく応用課題を対話的に学び、学習効果を高める授業形態のこと。

この研究は、MOOC などに反転学習を組み合わせた新たな学習モデルを開発するため、2016年9月末までの3年間に開設される「東京大学情報学環 反転学習社会連携講座」で行われる。

また、MOOC を活用した反転学習の検証を2014年春から開始し、公開セミナーを年数回開催、反転学習の効果検証に取り組んでいく。

なお、NTT ドコモは10月11日に設立された、日本におけるオープンオンライン教育の普及と継続学習が可能な環境の実現を目指した協議会「日本オープンオンライン教育推進協議会」(JMOOC)にも参画する。

JMOOC との連携により、NTT ドコモはオープンなオンライン教育環境の実現に必要な基盤サービスの提供を目指し、MOOC のサービストライアルを、2014年春から開始する。