ドイツ Software AG は、サンフランシスコで開催されたユーザーカンファレンス「Innovation World 2013」で、webMethods プラットフォーム次期バージョン「webMethods 9.5」を発表した。

最新版 webMethods 9.5 は、クラウドやモバイル、ソーシャル技術を自動化されたビジネスプロセスと結び付ける一歩であるとのことだ。

webMethods 9.5 では、新しく3つの主要な機能が追加され、また webMethods スイート全般にわたり、一連の機能が強化された。

追加された新機能は、プライベート/パブリック クラウドに独自の実装を動的に拡張できる「エラスティック ESB」、タスクにタグ付けできる「ソーシャル BPM」、 App Store や Google Play からダウンロードできる「モバイル BPM」。

「モバイル BPM」は、進行中のプロセスを遠隔監視できるもので、プロセスのインスタンスを一覧表示し、停止、あるいはうまく行かなかったプロセスを把握できる機能。