東芝東北電力は、「平成25年度スマートコミュニティ導入促進事業費補助金(スマートコミュニティ導入促進事業)」による補助金交付の採択を受け、今後、宮城県石巻市でスマートコミュニティ構築に向けた地域エネルギー管理システムの導入を開始する。

東芝と東北電力、石巻スマートコミュニティ構築で地域エネルギー管理システムを導入
東芝と東北電力、
石巻スマートコミュニティ構築で地域エネルギー管理システムを導入

同プロジェクトは、東日本大震災最大の被災地である石巻市で、再生可能エネルギーを活用した「低炭素なエコタウン」と、災害時に「灯りと情報が途切れない安全・安心なまちづくり」の実現を目指すもので、モデル地区において需給バランスの調整を図る「地域エネルギー管理システム」の構築を計画している。

同プロジェクト内で、東芝は、計画全体の管理とともに、需要家側のエネルギー情報を束ね、需要の調整を行うシステムを導入する。東北電力は、電力系統の安定化を図るためのシステムを導入する。東芝/東北電力のシステムを協調連携させ、両社は「地域エネルギー管理システム」を共同で運営する。また石巻市は、関連復興事業との連携や再生可能エネルギーの普及促進、市民への啓蒙活動等を行う。