日本 IBM は、メインフレーム「IBM System z」シリーズのビッグデータ基盤ソフトウェア最新版となる、リレーショナル データベース「IBM DB2 11 for z/OS」、および階層型データベース「IBM Information Management System(IMS) 13 Transaction and Database Servers」を発表した。

この2製品は、IBM メインフレームを基盤とする企業の基幹システム向けに特化したデータベース ソフトウェア製品。従来品に比べてデータ処理機能が向上しているほか、メインフレームにおけるビッグデータの活用の幅を広げる機能を拡張した。

月額ライセンス使用料金は、IBM DB2 11 for z/OS が63万8,300円から、IBM IMS 13 Transaction and Database Servers が138万9,600円(ともに税抜、zEnterprise 最小構成)から。出荷開始は10月25日。

IBM DB2 11 for z/OS では、オンライントランザクション処理(OLTP)や分析における大量データを照会するときのパフォーマンスが、従来に比べ最大40%向上している。また、汎用的な Hadoop 基盤との接続インターフェイスを実装、非構造化データを含めたビジネスデータを取り扱うことができるようになった。

さらに、前バージョンに対応した仕様のままアプリケーション単位で稼働できるモードを新たに追加した。このモードがあれば、データベースの次バージョンに移行する際に、前バージョンで稼働するアプリケーションと互換性がない仕様があった場合にも、段階的に移行できる。

加えて、Netezza 技術を活用したアナリティクス基盤「IBM PureData System for Analytics」を System z の分析機能の一部として連携させるオプション製品、「IBM DB2 Analytics Accelerator for z/OS」を導入すれば、さらに大量のデータ分析や、分析時のシステム負荷分散ができるようになる。