日立製作所の欧州現地法人、日立ヨーロッパは、欧州でのビッグデータビジネス研究開発拠点であるヨーロッパ R&D センター/欧州ビッグデータラボ(European R&D Centre/European Big Data Laboratory)で、ヘルスケアサービス向上のための実証プロジェクトを開始した。

日立では、今回、ヘルスケア事業強化の一環として、マンチェスター大学構内にあるイノベーションセンター(The University of Manchester Innovation Centre Limited)に研究開発の拠点を開設、研究者を常駐させ、英国のマンチェスターにおける国民保健サービス(National Health Services England (Greater Manchester))と共同で、ヘルスケアサービス向上のための概念実証プロジェクトを開始した。

このプロジェクトは、ビッグデータ利活用や IT を駆使した医療コストの抑制と QOL 向上の両立をめざしたもの。

具体的には、セキュアなヘルスケアデータ統合プラットフォームや、糖尿病予備軍に向けた生活習慣病対策プログラムを開発し、その効果を実証する。英国全土、さらには北米や日本市場で、実証実験結果を活用した医療分野の事業拡大を検討する。

欧州ビッグデータラボでは、ヘルスケア分野に加え、エネルギー、交通分野にも活動範囲を広げ、ビッグデータ解析に基づく事業開発にも取り組む予定。

日立、英国国民保健サービスとマンチェスター大学で概念実証プロジェクトを開始
マンチェスター大学トップページ