日本 HP は、Linux ディストリ「Canonical Ubuntu Server」の販売を開始すると同時に、マルチノードサーバー新モデル「HP ProLiant SL2500 Scalable System」(HP ProLiant SL2500)など、最新プロセッサーに対応する6ラインアップを発表した。

Canonical Ubuntu Server は、大規模なスケールアウト型システム向けのもの。日本 HP コールセンターが窓口となり、Canonical のサポートエンジニアと協調体制を組み、HP ProLiant サーバーと Canonical Ubuntu Server のテクニカルサポートを一括対応する。

Canonical Ubuntu Server はライセンス/サブスクリプション料金が不要で、製品価格はテクニカルサポートの料金。テクニカルナレッジをもったサポート体制のもとで、大量ノードのスケールアウト型システムをコスト効果の高い方法で導入できる。

日本 HP、Ubuntu Server を  ProLiant で
Canonical トップページ

マルチノードサーバー HP ProLiant SL2500 は、スケールアウト型システムに特化した新モデル。2U ラックマウント型「HP ProLiant t2500」シャーシに最大4台の独立したサーバーノード「HP ProLiant SL210t Gen8 Server」を搭載する。

各ノードの独立性や前面ホットプラグ HDD などのメンテナンス性は継続しつつ、Xeon E5-2600 v2 を最大2基搭載、メモリ容量は従来モデルの2倍以上。また、最大96%変換効率のある 80 PLUS Titanium パワーサプライや直流電源に対応する。シャーシの奥行きは標準的なラックに入るサイズで、既存環境に導入しやすい。

クラウドサービス、E コマース、オンラインゲーム、エンターテイメントなどの大規模ユーザー向けサービスプロバイダーは、1台あたりの単価を抑えた、増設が簡単なスケールアウト型サーバーと、最新の分散型ソフトウェア技術を採用する傾向にある。

また、金融/小売/製造業などの企業でも、最新の分散型ソフトウェア技術を業務に活用し始めている。例えば、Hadoop を利用した業務ビッグデータの解析/分析システムでの取り組みが拡大しつつある。

Canonical Ubuntu Server は、現時点で x86 アーキテクチャと ARM アーキテクチャの双方に対応する OS であり、日本 HP のスケールアウト市場向け OS のラインアップとして非常に戦略的な製品となる。