国立国会図書館は、歴史的な音源1万点をデジタル化し、国立国会図書館デジタル化資料と歴史的音源専用ページ「れきおん」に追加した。また、館内限定で提供していた音源のうち、著作権/著作隣接権の保護期間が終了したもの約300点のインターネット公開を開始した。

国立国会図書館、歴史的な音源1万点を新たにデジタルアーカイブ
「れきおん」トップページ

歴史的音源とは、1900年代初頭から1950年代ころまでに国内で製造された SP レコードなどに録音されている音楽や演説など。

今回の追加で、全音源数は約4万8,700点になった。館内限定公開のものは国立国会図書館および125館の配信提供参加図書館で聞ける。

新たにインターネット公開された音源は、東郷平八郎の『講演:連合艦隊解散式訓示』(コロムビア,1933)や近衛文麿の『演説 重大時局に直面して』(コロムビア,1940)など。