米国 Adobe Systems は、同社のシステムがサイバー攻撃を受け、クレジットカード情報を含む290万人分の顧客情報が流出したことを明らかにした。さらに、同社のさまざまな製品のソースコードもアクセスされたという。

漏洩した情報は、Adobe ユーザー用アカウントの ID と暗号化済みパスワード。さらに、ユーザーの氏名と注文履歴、クレジットカードとデビットカードの暗号化済み番号および有効期限なども流出した模様。ただし Adobe は、クレジットカードとデビットカードの番号は解読されていないとみる。

不正アクセスされたアカウントについては、パスワードをリセットしてそれ以上アクセスされないよう対策をとった。対象者にはメールで通知するとともに、パスワードの変更方法を案内している。クレジットカード/デビットカードの情報が読まれたユーザーにも通知し、1年分のカード情報監視サービスを無償で提供するという。

また、ソースコードも不正アクセスを受けたが、これまでのところユーザーに危険が及ぶ事態にはなっていないとした。

Adobe は、今回の顧客情報とソースコードに対する不正アクセス行為に関連があるとみている。