SAP ジャパンは、「SAP Real-Time Data Platform」の重要要素のひとつである自己管理型データベースの最新版「SAP Sybase SQL Anywhere 16」の販売を開始した。

SAP Sybase SQL Anywhere は、拠点サーバーのデータベースとしてのみならず、データベースのアプリケーション埋め込み、SaaS、遠隔地のコンピュータ機器での利用など、データベースが重要となるアプリケーションを短期間で開発、配備できるデータベース。

また、高速で自律的なデータ管理技術と、企業の様々なアプリケーションとのデータ同期技術により、「モノのインターネット」(Internet of Things)から「SAP Real-Time Data Platform」にデータを収集、集約できる。

SAP は、Sybase SQL Anywhere などの Sybase の主なデータベース技術を、エンタープライズ情報プラットフォーム「SAP Real-Time Data Platform」に統合、リアルタイムデータベースの機能向上を図っている。

Sybase SQL Anywhere 16 では、Sybase ASE や Sybase IQ、Oracle、IBM DB2、Microsoft SQL Server、MySQL などの異種データベースサーバーとデータを同期する機能を強化、新たに SAP HANA ともデータを同期できるようになった。これにより、分散環境にある SQL Anywhere を使用したアプリケーションデータを、HANA で分析できるようになる。Sybase SQL Anywhere は、Real-Time Data Platform でさらに重要な要素となっている。

また、今回の重要な強化点のひとつ、応答速度を向上するためのクエリ最適化機能の拡張で、モバイルプラットフォームにあるエンタープライズデータにアクセスしやすくなった。