KDDIは、Android スマートフォン「Xperia UL SOL22」(ソニーモバイルコミュニケーションズ)ついて、アップデート用ソフトウェアの提供を開始した。このアップデートを適用すると、充電 LED が消えないバグと、ホワイトバランス設定値が反映されないバグなどを修正できる。

KDDI、更新ファイル提供で「Xperia UL SOL22」の充電 LED 点灯に関するバグなどを修正
Xperia UL SOL22

Xperia UL SOL22 には、充電を止めても充電 LED ランプが点灯したままになったり、画面設定メニューのホワイトバランス設定値が反映されなかったりする問題が存在している。今回のアップデートは、主にこれらのバグを修正するもの。さらに、アップデート適用で無線 LAN(Wi-Fi)接続動作も改善されるそうだ。

今回のアップデートは、自動更新に対応していない。Wi-Fi/LTE/3G 回線を介して Xperia UL SOL22 本体で行うか、Windows パソコン用管理ソフトウェア「PC コンパニオン(PC Companion)」を使って USB 経由で手動実行する。アップデートに必要な時間は8分から10分程度。

今回のアップデートを実行すると、ビルド番号は「10.2.F.3.81」になる。