仮想化/自動化ソフトウェアの Parallels 日本法人、 パラレルスによると、大阪のロックオンが OSS で公開した EC サイト構築パッケージ「EC-CUBE」が、「Application Packaging Standard」(APS)に対応したそうだ。

APS は Parallels が推進するパッケージング形式で、ISV(Independent Software Vendor)やクラウドサービス事業者が SaaS ビジネスモデルを簡単に導入できるよう設計されている。仕様はすべて、オープンかつ無償で提供されている。


「EC-CUBE」、オープンパッケージ規格「APS」に対応
APS アプリケーションカタログ

アプリケーションやサービスをクラウドで提供するモデルは、ISV やクラウドサービス事業者に、中小企業向けクラウドサービス市場で事業を拡大できるチャンスをもたらす。

しかし、クラウドサービス事業者が SaaS アプリケーションやサービスの品揃えを充実させるには、個々のアプリケーションやサービスをサービスプラットフォームに個別に統合しなければならず、アプリケーションの数に比例して労力と費用、複雑さが増大し、市場投入までの時間もかかっていた。

また、ISV も、アプリケーションをそれぞれのクラウドサービス事業者の固有の販売モデルやインフラストラクチャに統合するために個別対応しなければならなかった。