米国 Twitter は、非常時に政府や自治体などから発信される情報において、緊急性の高いものをモバイル端末に通知する「Twitter アラート」サービスを開始。まずは日本、韓国、米国の3か国で運用する。

 
災害時の警告情報をプッシュ通知、「Twitter アラート」を8アカウントで開始
「Twitter アラート」の流れ(例:日本気象協会/tenki.jp)

Twitter アラートの対象となる情報は、大きな地震や台風などの自然災害、人間や動物などの生命に影響する変災、重傷者や死亡者がでるような大きな事故などに際して、危険に対する警告、危険の回避方法、避難経路などが想定されるという。

該当機関によりアラートが適用された情報は、タイムラインにオレンジのハイライト付きで表示。ユーザーは Twitter 公式アプリケーションを利用して、スマートフォンのプッシュ通知で受け取ることができる。通知設定は、該当機関のプロフィールページ内にある設定ページ「twitter.com/機関名/alerts」(例:https://twitter.com/tenkijp/alerts)より行う。

日本国内で開始した8アカウントは以下の通り。

・日本気象協会/tenki.jp @tenkijp
・日本気象協会/tenki.jp地震情報 @tenkijp_jishin
・東京都防災 @tokyo_bousai
・警視庁警備部災害対策課 @MPD_bousai
・東京消防庁 @Tokyo_Fire_D
・TOKYO FM @tokyofm
・和光学園 @wakogakuen
・嘉悦大学 @kaetsu_univ

なお、和光学園と嘉悦大学は、災害時や構内に不審者が侵入した際などに同機能を利用することで、生徒や保護者をはじめとする関係者を中心に非常時のコミュニケーションを行うとのこと。