日立製作所は、超小型電気自動車(EV)「日産ニューモビリティコンセプト」によるワンウェイ型大規模カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」で、カーシェアシステムの核となる IT プラットフォームを提供する。

「チョイモビ ヨコハマ」は、日産自動車と横浜市が10月11日から開始するもので、100台規模の超小型モビリティをワンウェイ型で利用できる日本初のプロジェクト。25日から専用サイトで会員登録の受付を開始している。

横浜で超小型電気自動車による大規模カーシェアリング実験
「チョイモビ ヨコハマ」

利用希望者は、PC のほか、スマートフォンなどのモバイル端末から利用登録ができる。貸渡返却拠点となるカーステーションには、三井不動産リアルティの「三井のリパーク」など、企業や自治体、観光/公共施設が駐車場を提供している。

「チョイモビ ヨコハマ」は、日産と横浜市の協働プロジェクト「ヨコハマモビリティ?プロジェクトZERO?」(YMPZ)の一環。「低炭素交通の推進」「都市生活・移動のクオリティアップ」「観光の振興」を目的に、約1年間の期間限定で実施する。

この取り組みは、国土交通省「超小型モビリティ導入促進」事業の支援を受け実施される。「日産ニューモビリティコンセプト」は開始時30台、期間内に約100台規模となり、横浜市都心エリアに設置される約45箇所のカーステーションで自由に返却できる。

実証実験ではサービス開始後も、地域の公共交通機関や商店街、マンションの管理組合、地元企業などに参画を働きかけ、超小型モビリティの有用性やビジネスモデルの可能性を検証していく。

また今後日立は、「チョイモビ ヨコハマ」での実証結果をもとに、カーシェアリングシステムのための IT プラットフォームを国内外で展開する予定。

「ワンウェイ型カーシェアリング」とは、目的地で車を返却することもできる仕組みのこと。ツーウェイ型は、一般的に知られている、借りた場所まで車を戻して返却する仕組みのこと(一般的なレンタカーの仕組み)。