NTTコミュニケーションズ日立製作所および NEC は、総務省の「サイバー攻撃解析・防御モデル実践演習」の実証実験を受託した。同実証実験は、新たなサイバー攻撃に対応可能な環境を実現するため、攻撃の解析および防御モデルの検討を行い、官民参加型のサイバー攻撃に対する実践的な防御演習を行うもの。第1回目の実践的防御演習を9月25日に実施し、今年度中に計6回行う予定。

この実証実験には、官公庁や企業の ICT インフラを担う LAN 管理者や LAN 運用者が2〜4名構成のチームで参加し、参加チームごとに大規模 LAN を模擬した環境で標的型攻撃インシデントを体験する。インシデントの発生から対応、回復までのインシデントハンドリングについての一連の流れを体験することで、サイバー攻撃への対処方法を学べるという。