日立製作所は、空港などの公共施設の安全を強化するため、手荷物に付着した爆発物成分を自動で検査できる、爆発物探知技術を開発した。

手荷物に付着した爆発物成分検査は、従来、係員が拭き取り方式で行い、時間がかかっていたが、これが最短5秒程度でできるようになったという。

現在、空港では、すべての荷物に X 線検査を行い、危険物の有無をチェックしている。係員が専用布で荷物表面から拭き取った付着物を分析して、爆発物成分を検査する拭き取り検査を自動化し、爆発物探知装置と X 線検知装置とを併設すれば、すべての荷物に危険物・爆発物検査ができるようになる。

日立はこれまで、爆発物成分を高感度/短時間で特定する質量分析技術を開発してきた。2012年には、日本信号、山梨大学と共同で、爆発物探知装置を内蔵した搭乗券読取装置を試作している。

今回開発した技術は、この質量分析技術を用いたもので、様々な大きさの手荷物がベルトコンベアで移動する間に、付着した爆発物成分を自動的に分析するもの。手荷物がベルトコンベアで移動する際、手荷物に付着した爆発物成分の微粒子を採取する技術と、採取した微粒子を高感度質量分析する技術とで構成される。

日立、手荷物に付着した爆発物成分を自動検出する探知技術を開発
試作した手荷物向け爆発物探知システム
(協力:株式会社日立パワーソリューションズ)

この装置は、10月2日から東京ビッグサイトで開催される「テロ対策特殊装備展'13」で、実証試験を兼ねて実機展示される予定。