トレンドマイクロは、クラウドストレージ向けデータ保護ソリューションの新バージョン「Trend Micro SecureCloud 3.5」(TMSC)を発表した。販売は9月26日から開始する。

TMSC は、クラウドストレージへのアクセスを「鍵」で管理するデータ保護ソリューション。企業がよく利用する「アマゾン ウェブ サービス」(AWS)では、これまでストレージ領域のみ暗号化できたが、新バージョンでは、一時領域も暗号化できるようになった。鍵の管理はトレンドマイクロのデータセンターで行うので、鍵管理サーバーの設置や運用に手間がかからない。

また、クラウド環境の構築/管理ツール「CloudStack」に対応、CloudStack で運用するストレージのデータを保護できるようになった。

近年企業 IT システムのクラウド環境への移行が進んでいる。企業 Web サイトサーバーや社内情報共有システム、基幹システムの運用など、クラウドの用途は多様化し、クラウドストレージに重要な情報が保管される場合も出てきた。