NTT エレクトロニクス(NEL)と米国 Acacia Communications(Acacia)は、それぞれが開発中の 100Gbps コヒーレント光通信向け次世代デジタル信号処理 ASIC(DSP)で、中距離向け動作モードの相互検証を完了した。

これにより、複数ベンダー製品間でも相互通信できる 100Gbps プラガブル光トランシーバーの適用領域を、イーサネット標準が規定する 30km を超えて拡大できる、と期待される。

長距離向け 100G DSP 開発を行う NEL と Acacia は、それぞれの次世代 DSP 開発を進めるにあたって、100G プラガブル向けに消費電力を抑える中距離動作モードでは互換性を持たせることで合意し、機能の相互検証を完了した。変調方式には長距離向けに実績のある DP-QPSK、誤り訂正符号には国際標準として確立された GFEC をそれぞれ採用、擾乱にも強い確実な互換性を提供する。

NEL は、100G DSP 製品を販売する唯一のチップベンダーとして、世界中のシステムベンダーや光トランシーバーベンダーの長距離 DWDM 100G ソリューションに採用されている。

一方 Acacia も、内蔵 DSP や集積光部品を開発する 100G 光トランシーバーベンダーとして、長距離 100G 製品市場を開拓してきた。

両社による今回の連携は、デジタルコヒーレント光通信方式の適用範囲を、従来の長距離向けから中距離プラガブル光トランシーバー向けにまで拡大する重要な契機として、世界中のサービスプロバイダが期待を寄せているという。

プラガブル光トランシーバーとは、ルータやスイッチ、光伝送装置などの、差し換え可能なトランシーバーポート向け光トランシーバーソリューション。複数ベンダーが外形寸法などを共通化して製品を供給する業界合意 MSA(Multi Source Agreement)として規格化されるのが特徴。

10Gbps では、第三世代 XFP やさらに小型の SFP+ として、イーサネット標準である短距離(〜100m)、近距離(〜10/30km)に加え、業界デファクト製品により中距離(〜80km)もカバーされている。100Gbps では、短・近距離向けに第一世代の CFP が普及しつつあり、中距離向けソリューションが期待されている状況。