SAP ジャパンは、「SAP Real-Time Data Platform」の重要要素のひとつである自己管理型データベース「SAP Sybase SQL Anywhere」のクラウド版「SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition」の販売を開始した。

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition は、ISV 向けのクラウドデータベースソリューションで、ISV 自身がクラウドアプリケーションを構築/展開/運用/管理できるもの。

SAP Sybase SQL Anywhere の高い自己管理性をクラウドに応用したデータベース技術をベースに構築されており、何千もの顧客別データベースを単一の統合コンソールで管理できる。

全顧客のデータを一つのデータベースで管理するのではなく、プライベート/パブリック/ハイブリッド環境のどのアプリケーションのホスティングにも対応する、アイソレートマルチテナンシーのアーキテクチャーを採用している。

ISV はアプリケーションを、SAP Sybase SQL Anywhere という同じデータベース技術で、オンプロマイス/オンデバイス/オンデマンドで配備・展開、開発/サポート/運用/管理をシンプルにすることができる。

SAP ジャパン、Sybase SQL Anywhere クラウド版の販売を開始
「Sybase SQL Anywhere, on-demand edition」ページ