ニフティが提供するクラウドサービス「ニフティクラウド」で、米国 Fusion-io 社の高速ストレージ「ioDrive」を標準搭載した物理リソース専有型の「専有サーバー」サービスを9月26日から開始する。データベースなどの用途には物理サーバーと同等のハイスペックなサーバーを利用したい、という要望に応えたもの。

ニフティクラウド、物理リソース専有型の「専有サーバー」を提供開始
専有サーバーと共有型仮想サーバーの連携イメージ

「専有サーバー」は、ioDrive、16コアの CPU、128GB のメモリを備え、合わせて共有ネットワークを利用できるサービス。同一ゾーン内の共有型仮想サーバーとプライベートネットワーク上で連携できるため、外部のデータセンターにある物理サーバーと連携する場合に比べて、レイテンシーの低い状態でデータ処理ができるという。

共有型仮想サーバーと専有サーバーの構成イメージ
共有型仮想サーバーと専有サーバーの構成イメージ

また、ユーザー専用の物理リソースを提供するサービス形態のため、パブリッククラウドに対応しないライセンス体系のソフトウェアも利用できる。