日立製作所は、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」と PC サーバーの日立アドバンストサーバー「HA8000 シリーズ」で、ビッグデータやクラウドのシステム基盤向けに、処理性能を強化した新製品などの販売を9月20日から開始する。

また、サーバー管理ソフトウェア「Hitachi Compute Systems Manager」の「BladeSymphony」「HA8000シリーズ」への標準添付を11月29日から開始する。

日立、ビッグデータやクラウド向けサーバー新製品を販売
「Hitachi Compute Systems Manager」のダッシュボード画面

クラウドなどのシステム基盤であるサーバーは大量データを扱うため、処理能力やメモリ、ストレージ容量の強化が必要だ。また、システム導入時の構築/設定作業や運用時のメンテナンス作業なども、省力化とコスト削減が求められている。

日立は、BladeSymphony のブレードサーバー「BS500」の「BS520Hサーバブレード」、「HA8000シリーズ」の2プロセッサモデル「HA8000/RS210-h」「HA8000/RS220-h」で、Intel Xeon E5-2600 v2 を搭載し、従来モデル比で約1.3倍の処理性能を持つ新製品を開発した。

新製品は、処理性能の強化に加え、高速メモリの採用とストレージ容量強化のほか、「HA8000 シリーズ」で、オプションとしてデータベース処理を高速化する PCI(Peripheral Components Interconnect)接続型フラッシュドライブボードをサポートする。

また BS500 で、「BS520H サーバブレード」と接続して PCI 接続型フラッシュドライブボードを従来比3倍の最大6台まで搭載できるオプション製品「PCI 拡張ブレード」を開発、ビッグデータやクラウドのシステム基盤向け性能、機能を強化した。

さらに、BladeSymphony、「HA8000 シリーズ」で、ストレージとサーバーを効率的に統合管理して運用管理コストを最適化する「Hitachi Command Suite」シリーズのサーバー管理ソフトウェア「Hitachi Compute Systems Manager」を標準添付する。