NTT ドコモは、Android スマートフォン「Xperia SX SO-05D」「Xperia GX SO-04D」(いずれもソニーモバイルコミュニケーションズ製)について、アップデート用ソフトウェアの提供を9月18日18時以降に開始する。このアップデートを適用すると、操作中に再起動するバグと、充電中に電池残量が正しく表示されないバグを修正できる。

ドコモ、更新ファイル提供で「Xperia SX SO-05D」「Xperia GX SO-04D」で再起動バグを修正
Xperia SX SO-05D

Xperia SX SO-05D および Xperia GX SO-04D には、操作している最中に意図せず再起動してしまうことがあるという。さらに、充電中に電池残量が正しく表示されない問題も存在している。今回のアップデートは、主にこれらのバグを修正するもの。さらに一部仕様変更、表示変更なども施す。

今回のアップデートは、自動更新に対応していない。FOMA/Xi/無線 LAN(Wi-Fi)を介して Xperia SX SO-05D/Xperia GX SO-04D 本体でアップデート用ソフトウェアをダウンロードして手動実行する必要がある。アップデートには約9分かかる。

今回のアップデートを実行すると、ビルド番号はいずれも「9.1.C.1.103」になる。

なお、アップデートを行うには、それぞれの OS を Android 4.1に更新しておく必要がある。

Xperia GX SO-04D
Xperia GX SO-04D