エムティーアイは、遺伝子検査サービス事業を行う100%子会社の「株式会社エバージーン」を設立した。同時に、がんなどを含む数十疾患についてリスクを判定する遺伝子検査キットを、Web を通して一般消費者に販売するサービスを開始する。

このサービスは、日本人が発症しやすい、肺がん/胃がん/乳がんなど12種類のがんが対象の基本コースが9,980円。追加オプションとして、基本コース以外のがん、がん以外の疾患、自分の体質を知るための遺伝子検査なども、5,000円前後の価格で提供する予定だという。

検査は専門の遺伝子検査会社に委託し、経済産業省が定める遺伝子検査に関するガイドラインに則って行う。特に東アジア人で変異しやすい特長のある遺伝子を中心に検査したりするなどして、日本人向けに結果の精度を上げているという。

検査結果は専用の Web サイトのマイページから閲覧できる。発症リスクは疾患別に関与する遺伝子ごとに「低い」「やや低い」「高い」の3段階で評価する。リスクの低い人と比べて何倍くらい発症しやすいのかなどの説明や、それがどんな病気なのか、予防方法、初期症状など、情報提供も行う。

また、定期検診を促したり、各種検査ができる最寄りの病院を紹介したりするほか、検査申込者が遺伝子やその検査方法について疑問に思う点がある場合には、専門家へ問い合わせができる体制を整えるなど、利用者が遺伝子に対する理解が深まるよう配慮するという。

外部有識者からなる倫理委員会を設置し、本遺伝子検査事業のあり方や方向性、社会へ与える影響などを、継続的に検討していく。