日本気象協会アップフロンティアは、天気予報や様々な指数情報を API で提供する Web サービス「天気予報 API」において、新たに「過去の天気」のデータ提供を開始した。

天気予報 API は、アプリケーションの開発や Web サイト表示の際に、天気予報や紫外線、花粉などの各種気象情報を組み込んだり、キャラクターや他の API 情報と組み合わせたコンテンツとして活用することができる。

「天気予報 API」で新たに「過去の天気」データを提供開始
天気予報 API が提供する「天気予報パーツ」 (出典:天気予報 API Web サイト)

今回提供を開始した「過去の天気」データは、2012年9月17日以降の47都道府県142地域の、一日の天気、最高・最低気温、降水量。天気予報と同一地域の過去の天気を、スマートフォンのアプリケーションや Web サイト上で同時表示させることが可能になった。

また、同時にサービス Web サイトをリニューアル。以前より見やすくわかりやすいデザインへ変更した。