NTT ドコモは、Android タブレット「Xperia Tablet Z SO-03E」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に機能バージョンアップを施すため、アップデート用ソフトウェアの提供を開始した。このアップデートを適用すると、地上デジタル放送のフルセグ放送が視聴可能となる。

ドコモ、更新ファイル提供で「Xperia Tablet Z SO-03E」がフルセグ対応に
Xperia Tablet Z SO-03E

今回のアップデートにより Xperia Tablet Z SO-03E がフルセグ受信可能となって、ワンセグの約50倍といわれる高画質映像が楽しめるという。フルセグ対応にともない「テレビ」アプリケーションに(1)映像切替(ワンセグ/フルセグ手動・自動切換)、(2)フルセグデータ放送表示という機能が追加される。

さらにフルセグ対応と別に、一部ゲームアプリケーションの音声に雑音が入る問題が修正され、一部仕様変更、表示変更なども施される。

今回のアップデートは、自動更新に対応していない。FOMA/Xi/無線 LAN(Wi-Fi)を介して Xperia Tablet Z SO-03E 本体でアップデート用ソフトウェアをダウンロードして手動実行する必要がある。パソコンを介したアップデートには、現時点で対応していない。アップデートには約6分かかる。

今回のアップデートを実行すると、ビルド番号は「10.1.E.0.305」になる。