ヤフーは、次世代インターネットサービスに関する新コンセプトモデル「さわれる検索」、および同コンセプトを視覚障害をもつ子どもたちに向け具現化した「さわれる検索」プロジェクトを発表。プロジェクトサイトを開設した。

Yahoo! JAPAN、「さわれる検索」プロジェクト--情報を「さわる」インターネットの未来へ
情報を「見る」「聞く」から「さわる」へ

「さわれる検索」とは、これまでのインターネット利用のスタイルであった文字・音声入力によって情報を「見る」「聞く」ことから、情報を「さわる」ことに発展させたコンセプトモデル。3D データベースと 3D プリンタを融合し、音声入力によって認識されたキーワードを 3D プリンタから出力して実際の「立体物」を生成、アウトプットするという仕組みになっている。

また、同モデルを、「さわる」ことを最も必要とする視覚障害をもつ人々に向けてプロジェクト化。筑波大学附属視覚特別支援学校(盲学校)への「さわれる検索」マシン導入を行う。同マシンは9月4日より試験的に設置しており、9月20日から10月18日までの約1か月間で本格導入し、盲学校の生徒たちに自由にマシンを体験してもらうという。

「さわれる検索」マシン
「さわれる検索」マシン

さらに、同プロジェクトでは Web サイトを開設し、企業や個人から 3D データを募集しながらより多くの情報を収集、プロジェクト用に蓄積する。現在は、日産自動車、東武タワースカイツリー、アマナイメージズの3社が 3D データの提供に協賛している。

プロジェクトサイトでは 3D データも募集中
プロジェクトサイトでは 3D データも募集中

同社は、このコンセプトモデルを通じて、新しい広告表現の可能性を目指すとしている。