NEC は、幅広い顧客ニーズに対応する新たなクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」の販売を10月から開始する。サービス開始は来年(2014年)4月の予定。また、サービス提供拠点として、2014年1月、神奈川県内に省電力の専用サーバー、最新冷却技術の空調設備などを導入した「NEC 神奈川データセンター」を新設する。

月額利用料金は、6,700円(税別、最小構成)から。

NEC Cloud IaaS は、サーバーやストレージなどの IT 資源をサービスとして提供するもの。低価格の「NEC Cloud IaaS」(スタンダード:STD)と、高性能・高信頼の「NEC Cloud IaaS (ハイアベイラビリティ:HA)のサービス2種を用意する。

また、NEC Cloud IaaS や他のクラウド基盤サービス、顧客構築システムなどを同一画面で統合運用管理できるセルフサービスポータルを提供、運用管理業務を効率化できるようにする。