米国 Google は「Google Maps」において、南米ガラパゴス諸島のストリートビュー画像を公開した。海の中の画像もある。

Google、ガラパゴス諸島のストリートビュー画像を公開、海中の画像も
ゾウガメの群れが確認できる

撮影は、今年5月から10日間、スタッフがバックパック型のストリートビュー撮影機材「トレッカー」や、SVII 水中カメラなどを島に持ち込んで行った

「トレッカー」を背負って撮影している様子
「トレッカー」を背負って撮影している様子

グンカンドリの群れやゾウガメ繁殖センター「ガラパグエラ セロ コロラド」の映像が楽しめるサンクリストバル島、ダイバーに興味津々で近づいてくるアシカたちの姿が楽しめるフロレアナ島近海の海中、ウミイグアナや交配のダンスを踊るアオアシカツオドリが登場するイサベラ島の湿地帯など、島内の10地域を撮影した。

海中のストリートビューではアシカが観察できる
海中のストリートビュー画像ではアシカが観察できる

ガラパゴス諸島のストリートビューは、世界中の人びとが島の映像を楽しめるだけでなく、環境保全や動物の行動パターン、観光が島へともたらす影響を探る上で重要な資料になるという。