ソニービジネスソリューションは、さいたま市内の小中高校に提案した、太陽光発電システムおよびリチウムイオン電池を核とした蓄電システムで、さいたま市から最優秀提案者に選定され、仮契約を締結した。平成25年度から平成27年度にかけて、さいたま市内152校に太陽光発電設備および蓄電システムが設置されることになる。

ソニー、さいたま市内152か所の小中高校向け、太陽光発電設備と蓄電システムを設置
ソニー、さいたま市内152か所の小中高校に太陽光発電設備と蓄電システムを設置予定

提案したシステムは、太陽光発電システムでは、高出力 250W 高効率の太陽光パネルにより専有面積を抑え、軽量化と耐震性を実現する。また、蓄電システムでは、ソニーが開発したオリビン型リン酸鉄リチウムイオン電池を使用した系統連系型の新システムを採用する。この両者を効率的に連携運転し、安全性と長寿命を実現するとともに、維持コストを抑えられるという。

なお、同仮契約は、さいたま市の議会承認をもって正式契約となる。