ソニー・コンピュータエンタテインメント ジャパンアジア(SCEJA)は、家庭用ゲーム機「プレイステーション 4(PS4)」を、日本国内で2014年2月22日に発売する。価格は4万1,979円(税込)。周辺機器「PlayStationCamera」が同梱された「プレイステーション 4 PlayStationCamera 同梱版」は4万6,179円(税込)。

「PS4」国内で2014年2月22日発売、4万1,979円--同時発売ソフト19タイトルも発表
「プレイステーション 4 PlayStationCamera 同梱版」

高いグラフィック描写力と処理性能を備えた PS4 は、様々なソーシャルとの融合を実現。プレイヤーは、数分前のゲームプレイを見返し、シェアボタンにより決定的瞬間のスクリーンショットや動画を SNS に公開することができる。さらに、ゲームプレイのリアルタイム中継を世界へ向けて配信することも可能だ。

また、「プレイステーション ヴィータ(PS Vita)」を始めスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末とも連携。専用アプリケーション「PlayStationApp」を利用し、友人とのチャットや友人のゲームプレイを鑑賞したり、外出先でゲームを購入し直接 PS4 へダウンロードしたりできる。

なお、日本国内向けに本体と同時発売されるソフトウェアとして、「ファイナルファンタジー XIV: 新生エオルゼア (βテスト)」や「真・三國無双7 with 猛将伝」など19タイトルが発表されている。現在制作進行中のタイトルについては、51以上にのぼるという。

「プレイステーション 4」紹介動画