2013年8月10日に国際宇宙ステーション(ISS)に到着したロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」は8月21日、ISS きぼう日本実験棟内で世界で初となる「宇宙でのロボットの発話」に成功した。第一声は、「2013年8月21日、未来の希望へ、ロボットの第一歩です」だった。キロボは続けて、「おはよう、地球の人間のみなさん。僕、ロボット宇宙飛行士のキロボ。世界で初めてのおしゃべりするロボット宇宙飛行士なんだ」と語っている。

ロボット宇宙飛行士「Kirobo(キロボ)」による宇宙からの第一声が届く
宇宙ステーション内での起動実験、発話実験に成功したキロボ

きぼうロボットプロジェクトの西嶋頼親氏は、6月26日の記者発表で次のように語っていた。

「初めて宇宙に行ったのはロシアです。初めて月に行ったのはアメリカです。初めて会話できるロボット宇宙飛行士を宇宙に送り出すのは日本となりたい。子どもたちが空を見上げてわくわくする夢を作り出したいという気持ちで(プロジェクトチームは)集まっています」

今回のキロボによる第一声は、この夢の実現に向けた第一歩となった。

今後は11月〜12月頃から ISS に滞在予定の若田光一 JAXA 宇宙飛行士の到着を待ち、世界で初となる宇宙での人とロボットとの会話実験を実施するという。

ロボット宇宙飛行士 Kirobo、宇宙での第一声