NEC ソフト、農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所、インプランタイノベーションズ、奈良先端科学技術大学院大学は、新規蛍光タンパク質を組み込んだ光るトレニア(Torenia fournieri)を共同で研究、開発に成功した。

NEC ソフトなど、「光る花」の研究開発に成功
光るトレニア

今回開発に成功した「光る花」は、海洋プランクトンの一種であるキリディウス属(Chiridius poppei)から発見された新規蛍光タンパク質の遺伝子情報を、遺伝子組換え技術でトレニアに導入したもの。

暗闇で特定の波長の光(励起光)を当てると、鮮やかな黄緑色の蛍光を発する。強い蛍光を安定して発する新規蛍光タンパク質と、このタンパク質を細胞内に多量に蓄積させる技術を組み合わせ、これまでにない強く光る花ができた。

これまでも「光る花」の人工的な開発と商品化が行われているが、蛍光染料を塗布したり吸収させたりするもので、植物自体の特性として蛍光を発するものではなかった。

また、他の研究グループによる、オワンクラゲ(Aequorea victoria)の緑色蛍光タンパク質(GFP)などを植物体に組み込んで「光る花」を開発する試みはあったが、実際に目で確認できるほど強い蛍光を発する植物は得られていない。