NEC は、データセンターなどに設置されるラックに搭載し、IT 機器の排熱を効率よく取り除く、「多段式高効率冷却技術」を開発した。これにより、データセンターの空調電力を最大50%削減できるそうだ。

「多段式高効率冷却技術」とは、IT 機器内に搭載して効率的に冷却する「相変化冷却技術」を、複数の IT 機器を搭載するラックに応用したもの。相変化冷却技術とは、冷媒が液体から気体に変化する際に、熱エネルギーが移動する性質を利用して冷却する技術で、効率よく冷却できる。

NEC、データセンターの空調電力を最大50%削減する技術を開発
「多段式高効率冷却技術」

「多段式高効率冷却技術」では、機器から排出される熱を、それが拡散する前に回収、直接屋外へ輸送することで、サーバールーム内の空調負荷を大幅に削減できる。NEC の施設で実験した結果、10台のサーバーを搭載したラック背面から発せられる熱量のうち、約50%を屋外に熱輸送することが実証された。

サーバーの熱を屋外に輸送して放熱、空調機が冷却すべき発熱量を削減
サーバーの熱を屋外に輸送して放熱、空調機が冷却すべき発熱量を削減

この技術をデータセンターに応用すると、ラックに実装する IT 機器を増やしても空調負荷が増大しないため、フロア面積を広げることなくデータセンターの処理能力を向上できる。