ソニーは、新型ヘッド マウント ディスプレイとして、バッテリを搭載することで AV 機器だけでなくスマートフォン/タブレットなどのモバイル機器とも接続して映像を楽しめる「HMZ-T3」および「HMZ-T3W」の2機種を発表した。特に HMZ-T3W は無線映像伝送規格の WirelessHD 1.1 に対応しているため、ワイヤレス接続によって映像/音声などを伝送するケーブルに縛られず、自由な視聴スタイルが楽しめる。

ソニー、バッテリ搭載でスマホ映像も楽しめるヘッドマウントディスプレイ、上位機種はワイヤレス接続対応
HMZ-T3、HMZ-T3W

発売時期は11月中旬の予定。価格は両機種ともオープンで、市場推定価格は HMZ-T3 が8万円前後、HMZ-T3W 10万円前後。発売日と購入予約の受付開始日は、改めて公式サイト「Personal 3D Viewer」などで発表する。

HMZ-T3/HMZ-T3W は、1,280×720ピクセル表示の有機 EL パネルを使って、750インチという「映画館クラス」の仮想ワイドスクリーンを約 20m 先の仮想視聴距離に表示するヘッド マウント ディスプレイ。HMZ-T3W は WirelessHD を採用することで、「バッテリーユニット」と「プロセッサーユニット」のワイヤレス接続を可能にした。これによりケーブル接続を不要とし、見通し距離が約 7m の範囲内であれば、部屋の好きな場所で映像を楽しめるようになった。

使用イメージ(上:HMZ-T3、下:HMZ-T3W)
使用イメージ(上:HMZ-T3、下:HMZ-T3W)

新開発 LSI による映像、45°の広視野角で装着位置に左右されにくい新たな光学ユニット、仮想 7.1チャンネル サラウンド音場といった映像/音響技術で、映画やゲームなどへの没入感が高いという。さらに没入感を向上させるため、ヘッドパッドやヘッドバンドなどを改良して装着性能を高めたとしている。

バッテリ駆動時間は、HDMI 動作時が約7時間、MHL 動作時が約3時間。HMZ-T3W で無線動作させる場合は約3時間。サイズと重さは以下の通り。

【HMZ-T3】
・ヘッドマウントユニット部:幅189×高さ148×奥行き 270mm、約320g
・バッテリーユニット部:幅80×高さ26×奥行き 119mm、約160g
・プロセッサーユニット部:幅150×高さ31×奥行き 107mm、約220g

【HMZ-T3W】
・ヘッドマウントユニット部:幅189×高さ148×奥行き 270mm、約320g
・バッテリーユニット部:幅80×高さ26×奥行き 119mm、約210g
・プロセッサーユニット部:幅150×高さ31×奥行き 107mm、約250g

HMZ-T3、HMZ-T3W の紹介ビデオ