NTT データと米国 AutoGrid Systems は、需要家側での自主的な省エネ行動を促進する、ボトムアップ型ピーク電力削減手法の共同研究を9月から開始する。リアルタイムでのビッグデータ分析に基づいた需要家ごとの電力消費を予測することで、省エネ行動を促すもの。

現在のピーク電力削減手法は、電力会社などが需要家の設備を制御し、ピーク電力を削減する、といったトップダウン型が主流。

NTT データと AutoGrid が研究対象にする手法は、ビッグデータ分析技術でリアルタイムに需要家ごとの電力消費の予測分析を行い、その分析結果を需要家にフィードバックして需要家側での自主的な省エネ行動を促す、ボトムアップ型の電力ピーク削減方法。

共同研究では、NTT データの大規模で複雑な情報システムを構築するノウハウと、AutoGrid の電力業界向けビッグデータ予測分析の専門技術、それに同社のプラットフォーム「EDP」(Energy Data Platform)を活用し、需要家ごとのリアルタイム電力消費予測に基づいたデマンドサイドマネジメントの手法を確立する。

NTT データと米オートグリッド、需要を予測して需要家ごとに省エネ行動を促すピーク電力削減手法を共同研究
AutoGrid Energy Data Platform ページ