ソフトバンクモバイルは、Android スマートフォン「PANTONE 5 SoftBank 107SH」「ボス電 SoftBank 107SH B」(いずれもシャープ製)について、アップデート用ソフトウェアの提供を開始した。このアップデートを適用すると、無線 LAN(Wi-Fi)経由でMMS「S!メール」の送受信が可能となるほか、Wi-Fi 接続の機能性が向上するという。

ソフトバンク、放射線測定スマホ「PANTONE 5 107SH」と「ボス電 107SH B」をソフト更新、「S!メール」の Wi-Fi 対応など
PANTONE 5 SoftBank 107SH

PANTONE 5 SoftBank 107SH は、空間放射線の測定機能を備えるスマートフォン。一方 ボス電 SoftBank 107SH B は、107SH をベースに、サントリーのコーヒー飲料「BOSS」とのコラボレーション特別仕様とした数量限定モデル。今回のアップデートは、S!メールの Wi-Fi 送受信を行えるようにするもの。さらに、Wi-Fi 接続の機能性向上も図る。

ボス電 SoftBank 107SH B
ボス電 SoftBank 107SH B

アップデート用ソフトウェアは 3G/Wi-Fi 経由で自動的にダウンロードされ、ダウンロード完了後にユーザーが指示に従って更新する。特に操作しなければ、設定済みの時刻に更新処理が始まる。初期設定状態だと、更新時刻は午前3時となっている。ユーザー自ら操作して、任意のタイミングでダウンロードと更新を実行することも可能。

今回のアップデートを実行すると、ビルド番号は 107SH が「S0026」、107SH B が「S0028」になる。