ソニーは、クラウド上で個人情報を除いたデータの蓄積を行うシステムを開発。同システムのアプリケーションとして、非接触 IC カード技術「FeliCa(フェリカ)」のカードを利用した「電子お薬手帳」を発表した。2013年秋より川崎市にて試験サービスを開始する。

従来の一般的なクラウドサービスでは、利用者の個人情報とその他のデータ両方が同じクラウド上のサーバーに保存され、万一システムへの不正なアクセスがあった場合、これらが同時に漏えいするリスクがあった。

今回同社が開発したシステムでは、個人情報とデータを分離し、データのみをクラウドに保存することを実現。これにより、仮にクラウド上のデータへ侵入があった場合も個人情報が保護されるという。

ソニー、個人情報に配慮したクラウドシステムで「電子お薬手帳サービス」を開発
ソニーが開発した新クラウドシステム

また、同システムを活用し、個人の調剤履歴の記録や管理向けに FeliCa カードを利用した電子お薬手帳と、連携するスマートフォン用アプリケーションを開発。

利用者は、FeliCa チップが埋め込まれたカードを薬局の端末にかざすことで、調剤履歴の閲覧と調剤情報の記録が行えるほか、診察を受けた際の症状や、服薬後の副作用、アレルギーなどの記録も可能となるそうだ。

「電子お薬手帳」使用イメージ
「電子お薬手帳」使用イメージ