ウェザーニューズは、8月12日に出現のピーク(極大)となったペルセウス座流星群の観測結果を発表した。それによると全国のユーザーと共に観測したペルセウス座流星群の流星報告数が合計1万8,075個に及んだという。また、流星シーンのプレイバック動画をスマートフォン向けに配信している。

ウェザーニューズ、全国5,000人とペルセウス座流星群を観測−1.8万個の流星
ペルセウス座流星群2013「流星見えたよマップ」

発表された観測結果は、全国のユーザーが観測がスマートフォン向けアプリ「ウェザーニュースタッチ」(iOS 版/Android版)を通じて報告した「流星カウンター」の結果をまとめたもの。全国4,760人から報告が寄せられ、総数は1万8,057個に及んだ。1人当たりの流星観測数を都道府県別でランキング付けしたところ、三重県が6.24個で1位、3位が長崎県、北海道南(5.83個)、5位が沖縄県(5.70個)となり、広いエリアで星空が観測されたという。

都道府県別流星カウントランキング
都道府県別流星カウントランキング

また中継カメラを設置した全国7スポットで視聴者と共に流星観測を行い、流星が観測された際、その流星動画を編集して登録者に3分以内に届ける「流星キャッチャー」サービスも展開した。各地で流れた流星シーンのプレイバック動画は、スマートフォン用アプリケーション「ウェザーニュースタッチ」内の「星空Ch.」で現在も公開中。

今後も流星や月食などの天体ショーを通じて、全国の参加者と共に感動を伝え合う企画やコンテンツのバージョンアップを継続的に実施するという。