1. Linux 3.11

8月11日、Linus Torvalds 氏は Linux 3.11 の5番目のリリース候補を公開した。Linux 3.11 は、「Linux for Workgroups」とも呼ばれている。これは、20年前に Microsoft が「Windows for Workgroups 3.11」をリリースしたことによるものだ。Windows for Workgroups 3.11 のリリース日は、1993年の8月11日だった。

Torvalds 氏は次のように書いている。

「残念だが、数霊術はうまく機能しなかった。3.11 を今日リリースできれば、素敵な偶然を生み出すことができたが、それは実現しなかった(Windows 3.11 は、20年前の今日リリースされた)。代わりに我々は、3.11 -rc5 をリリースした」

【LinuxTutorial】Linux for Workgroups、Sabayon、Luna
Windows for Workgroups 3.11 ロゴ

Linux 3.11 カーネルの開発自体は、順調に進んでいるようだ。

「rc5 には、落ち着きを示す兆候が見える。過去の rc と比較して、コミット数が減り、パッチサイズも目に見えて小さくなっている」

2. Sabayon 13.08


Saboyon オープンソースプロジェクトは今週、Sabayon 13.08 をリリースした。これは、同プロジェクトによる月次ローリングアップデートの一部だ。

Sabayon 13.08 リリースでは、Linux 3.10.4 カーネルが搭載された。また init に代わり、SystemD が採用されている。Sabayon 開発者である Fabio Erculiani 氏は次のように書いている。

「Sabayon のリリースプロセスを見直したことで、Linux カーネルのリリーススケジュールをフォロー可能となった。最新の Linux カーネルは、sabayon-limbo(非安定)リポジトリに、平均して36時間以内に反映される。これにより、利用者は、アップストリームのバグ修正(と、リグレッション…)の恩恵を、遅延なく受けられるようになった」

3. Luna

今日では、Ubuntu ベースの Linux ディストリビューションを探すのに不自由はしないが、これに新たな選択肢が加わった。Elementary による 「Luna」だ。

Elementary OS 「Luna」
Elementary による「Luna」

Luna は、Pantheon デスクトップシェルを搭載した、ミニマリストディストリビューション。音楽好きの人々などをターゲットにしているという。

Luna 紹介ビデオ

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、eWeek および InternetNews.com の主任編集者。