Web 時代の黎明期から、ある1つのテクノロジーが Web サーバーの世界を支配してきた。そのテクノロジーとは「Apache HTTP Server」。通常、単に「Apache」と呼ばれている。

Apache Web サーバーのシェアが50%を切る ― シェアを奪ったのは Microsoft IIS
だが、インターネットリサーチ企業 Netcraft による最新の調査では、世界の7億1,700万 Web サイトにおける Apache の市場シェアが、8月に46.96%にまで下落していたことがわかった。Apache のシェアが50%を切ったのは、2009年12月以来初めてのことだ。Apache は、ピーク時(2005年11月)には71%のシェアを獲得していた。

私は、Apache からシェアを奪ったのは、やはりオープンソースの nginx だろうと想像していた。だがそれは間違いだった。Apache からシェアを奪っていたのは、Microsoft Internet Information Server(IIS)だったのだ。

私の見間違いではない。もう一度確認したが、Microsoft の Web サーバー市場におけるシェアは、8月には22.75%に達していた。

Web サーバー市場における HTTP サーバーソフトウェアシェアの推移(出典:Netcraft)
Web サーバー市場における HTTP サーバーソフトウェアシェアの推移(出典:Netcraft)

Apache のシェアが Microsoft に奪われた要因としては、GoDaddy による大規模な Microsoft IIS 採用があげられる。同ホスティングベンダーは最近、2,500万のサイトを Apache から Microsoft IIS 7.5 に移行させたのだ。

Apache は第2の Netscape になるか?

私は以前、Apache が第2の Netscape になってしまうのではないかと心配していた。Netscape はかつて、Web ブラウザの世界を支配していたが、1990年代後半、Microsoft の Internet Explorer(IE)によってその地位を奪われた。

だが、同じことは Apche には起こらないだろう。

私は Apache の成功のカギは、それがオープンソースであることと、無料であることだと考えている。Netscape も無料だったが、オープンソースではなかった。また Apache の高いシェアは、Apache がメジャーな Linux ディストリビューションの一部であることにも支えられている。新たな Linux サーバーが配備されたときには、Apache も同時に配備されるのが普通だ。これは Microsoft の Windows OS に、IE が最初から搭載されていたのと少し似ている。

Apache は Microsoft IIS に取って代わられてしまうのか?

そうはならないだろう。特定の月だけを見れば、IIS が大きくシェアを伸ばすことはあるかもしれない。今月がその良い例だ。だが、Apache には今日、少なくとも3億3,600万もの強固なユーザーベースが存在している。この一部が IIS に流れることがあったとしても、その他のサイトでは Apache は問題なく機能しており、今すぐに他のテクノロジーに移行するとは考えられない。

Apache には3億3,600万ものユーザーベースが存在している(出典:Netcraft)
Apache には3億3,600万ものユーザーベースが存在している(出典:Netcraft)

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、eWeek および InternetNews.com の主任編集者。