ACCESS は、OpenFlow および L2/L3 に対応したハイブリッド型 SDN(Software Defined Networking)スイッチ「AEROZ」(エアロス)シリーズを発表した。9月下旬から国内の通信事業者やデータセンター事業者に向けて販売を開始する。

ACCESS、ネットワーク仮想化への移行を促す SDN 対応スイッチ「エアロス」シリーズを発表
「AEROZ」イメージ写真

ACCESS は、ハードウェアからミドルウェアまで垂直統合した SDN スイッチ「AEROZ」、さらには ACCESS の既存 SDN ソリューション「ACCESS SDN Solutions」をパッケージで販売することにより、通信事業者やデータセンター事業者がネットワーク仮想化に移行するのを支援する。

AEROZ は、OpenFlow 対応スイッチ(ハードウェア)に ACCESS の子会社、IP Infusion のネットワーク機器向けミドルウェア「ZebOS」(ソフトウェア)の L2/L3 対応スイッチ機能を標準で実装した、ハイブリッド型 SDN 向けスイッチ製品。

OpenFlow 対応スイッチ機器でネットワークを仮想化する Hop by Hop 方式のネットワーク仮想化に加えて、イーサネットなどの既存ネットワークにも対応する。インターフェイスは 10GbE を48ポート(10GBASE-T×40/SFP+×8)で、SAF(Service Availability Forum)準拠のレジリエンスも兼ね備えている。

また、AEROZ と ACCESS SDN Solutions の SDN コントローラを組み合わせて、既存ネットワーク環境を利用したままネットワークを仮想化する Edge Overlay 方式で、SDN 環境を構築できる。

クラウド上でネットワークを仮想化し、運用を自動化できるようにするコンセプト(技術)である SDN および SDN の要素技術である OpenFlow が普及しつつある。それに伴い、従来のネットワーク機器の複雑な制御機能を司るコントロールプレーンはソフトウェアに集約され、スイッチ機器は単純な伝送機能を司るデータプレーンの役割のみを担うことになり、ネットワーク機器のコモディティ化が進むと考えられている。