ヤフーは、Android 向け「Yahoo!地図」アプリケーションを全面刷新した。新たにベクトル地図描画エンジンを採用し、地図のスクロールや拡大縮小、回転などの操作を快適に行なえるようにしたほか、さまざまな機能を搭載したという。 Google Play で無償ダウンロード提供中。推薦環境は Android 2.3.3以上。iPhone 向けの同アプリケーションも2013年内に最新版を提供する予定だという。

「Yahoo!地図」Android アプリがフルリニューアル、ベクトル地図描画エンジン採用
やさしい色づかいと 3D 表示で、見やすい

新たな機能では、3D 表示を実装。地図の俯瞰機能「バードビュー」に加え、東京スカイツリーやあべのハルカスなどの建物を地図上に 3D 画像で表現する。

ルート探索機能では、移動時に現在地を常に表示しながら、進行方向に合わせて地図を自動的に回転する。ルート検索結果の保存も可能だ。

行きたい方向に合わせて地図が回転する
行きたい方向に合わせて地図が回転する

また、国内の主要観光地48か所の観光パンフレット114マップ分をデジタル化し「ガイドマップ」機能として収録。デジタルパンフレットに掲載されている店舗や施設をタップすると、該当する場所の地図を表示され、現在地からのルートを検索できる。

パンフレットの内容は随時更新予定だという
パンフレットの内容は随時更新予定だという

ほかにも、営業中の飲食店や時間貸し駐車場の満空情報をリアルタイムで地図上に表示する機能や、1時間後までの降雨強度予測を地図上に表示する「雨雲レーダー」などの機能を搭載する。