日本電信電話 (NTT)宇宙航空研究開発機構 (JAXA) は、小型惑星探査などで使用する、マイクロ波放電式イオンエンジン内部のプラズマ中のマイクロ波電界計測に、世界で初めて成功した。これにより、さらに高性能イオンエンジンを設計、より遠くの惑星をめざしたり、探査機の寿命を延ばしたりできるそうだ。

NTT と JAXA、マイクロ波電界計測に成功、イオンエンジンの性能向上でさらなる宇宙開発に期待
イオンエンジン内断面の電界分布図

この研究には、NTT が開発中の感度安定性、耐磁界性、耐熱性に優れる光ファイバーを活用した「EO プローブ」を利用。イオンエンジン内のマイクロ波電界測定に成功した。測定の結果、マイクロ波が伝搬できなくなるマイクロ波カットオフ現象を緩和すれば、イオンエンジンの性能をさらに向上できることがわかった。

今後、NTT は光学素子の取り扱い性の向上、EO 結晶や光ファイバーの固定に用いる接着剤の長期信頼性の向上をめざし、新たな EO プローブ構造の導入に取り組む。JAXA はマイクロ波放電式イオンエンジン内部の各種現象を解明し、性能向上をめざす。