パナソニックは、マイナス40度の低温下でも充電・放電が可能なニカド電池「カドニカ GT シリーズ」を開発した。低温環境に加え、60度の高温環境にも対応できるという。8月からサンプル出荷を行い、2014年度に量産を開始する。

パナソニック、マイナス40度の低温下でも充電・放電が可能な充電池を発売
マイナス40度の低温環境でも充電・放電が可能

北海道や米国北部など、冬季気温がマイナス20度以下になる地域では、従来の2次電池を安定的に使用することが困難だという。電池の温度を保つための専用ヒーターを搭載する場合もあるが、機器が大掛かりとなりコストもかかる。同社は今回の開発にあたり、「電解液マネジメント技術」と「高性能負極板」を採用。従来のニカド電池の対応温度を大幅に上回るマイナス40度の低温環境でも充電・放電が可能となり、寒冷地などへの設置場所拡大やシステムの簡略化、低コスト化を実現する。

同社は1964年にニカド電池の量産を開始して以来、50年にわたりグローバルに事業を展開。同社製ニカド電池は、大電流放電、過充電・過放電特性などの特長を持ち、大電流を必要とする電動工具や長期信頼性が求められる非常用照明などの電源として強みを発揮しているという。同社は長年にわたり培った技術・ノウハウをベースに、今後もさらなる技術革新を図るとしている。