ソフトバンク・テクノロジーは、Web フォントサービス「FONTPLUS(フォントプラス)」と連動した、日本語 Web フォントの情報サイト「FONTPLUS TIPS」を開設。FONTPLUS ユーザーや Web フォントの導入を検討している人を対象に、利活用を促進しながら最新情報を発信していくという。

ソフトバンク・テクノロジー、日本語 Web フォントの情報サイト「FONTPLUS TIPS」開設
日本語 Web フォントの“今”を発信していく

同サイトでは、フリーランスデザイナー大谷秀映氏による日本語 Web フォントの解説や、実用ノウハウを掲載。デザインのコツや画像との組み合わせなどの実用例も、HTML と一緒にブログ形式で紹介されている。

Web フォントとは、Web サーバー上に置かれたフォントを CSS 内で指定し、ブラウザ上で表示させる機能。ユーザーのデバイス環境に依存せず意図したフォントが表現できるため、Web デザイナーを中心に需要が高い。

なお、同社が運営する FONTPLUS では、国内主要フォントメーカーや中国・韓国企業との提携も含め、現在600書体以上の Web フォントを提供している。同社独自のサブセット技術により Web ページ内の文章を自動で解析し、使用文字だけを抽出するため、データサイズが大幅に軽減されて表示速度が高速化するという。

「FONTPLUS」では現在600以上の書体を提供している
「FONTPLUS」では現在600以上の書体を提供している