富士通研究所は、手のひらの静脈画像の特徴を2048ビットの特徴コードとして抽出して照合する技術を開発した。静脈照合の従来比高速化、複数の特徴コードの生成に世界で初めて成功したという。

手のひら静脈画像のコード化に成功、認証時間短縮/複数コードを実現--富士通研究所
開発した特徴コードによる手のひら静脈認証技術の概要

この技術は、手のひらの静脈画像から2048ビットの「0」と「1」で構成される特徴コードを抽出するもの。従来のパターン照合ではなく、特徴コードの単純な比較計算で照合するため、高速で照合できる。一般的な PC を利用した場合、処理時間は従来技術の数ミリ秒から約1,000分の1である約1マイクロ秒に短縮できる。また、データ量も従来比約10分の1に削減した。

さらに、特徴コードは完全なデジタル情報であるため、各種の秘匿技術、暗号技術との連携も容易であるほか、連携時のデータ変換によって認証性能が劣化せず、また、1つの生体情報から複数の特徴コードを作成できるため、盗難/漏えい時にも新しい特徴コードが利用できる。抽出された特徴コードから元の画像を復元することは困難で、セキュリティ強化につながる。